医療法人 石黒耳鼻咽喉科医院

アレルギー性鼻炎、漢方薬は福井市の石黒耳鼻咽喉科医院へ

インフォメーション

院長のひとりごと

HOME >  インフォメーション  > 院長のひとりごと
  • 院長のひとりごと

    ここでは私が日々体験したことや感じたことなど、診療に関係する以外のことも書いています。
    不定期ですが、随時更新していきますのでよろしくお願いします。

    記事の続きは、記事の見出しか、右の詳細ボタンをクリックしていただくと見ることができます。

院長のひとりごと

※ 記事の続きは、記事の見出しか、右の詳細ボタンをクリックしていただくと見ることができます。

2017/12/07 シロちゃんの危機。



我が家のソト猫『シロ』の天敵である、マッチョなトラ猫が、我が家の周りを再び
ウロツキ回っているのを見かけました。

非常に強い猫で、ハルク・ホ-ガンのような筋肉質な雄猫です。
一度、シロが戦っている姿を見かけたのですが、完全に圧倒されていました。

以前、読んだ本で、猫には各々縄張りがあり、その中で自分の家にいる時が
最強の状態になると書いてありました。

即ち、その場を死守しなければ生きていけないので、力の劣った猫でも自宅?では
「火事場の馬鹿力」的な強さを発揮するという話でした。

しかし、その時のシロは、完全に逃げ腰で、戦う気力も無く逃走しました。
そのシロをハルク・ホ-ガンが、追いかけていくのです。
あわてて助太刀に向かいましたが、なにぶん相手は猫ですので、塀を乗り
超えていくと、それ以上は助けに行けません。
無事に逃げ果せる事を祈って見送りました。

最近、シロの右首の所の生傷が絶えません。
どうも、相手は的確に急所を攻撃してくる知能も持ち合わせているようです。
傷が治りかかると、また、強烈な引っ掻き傷を負っています。

雄猫の喧嘩では、片方が死ぬこともあるそうです。
何とか、スタミナをつけて頑張ってもらうしかありません。

シロ、頑張れ。負けそうな時は、命第一に、逃げまくれ。

295823
1256285 25:756 aki   21
お問い合わせはお電話にて