医療法人 石黒耳鼻咽喉科医院

アレルギー性鼻炎、漢方薬は福井市の石黒耳鼻咽喉科医院へ

インフォメーション

2017/11/29 インフルエンザの異常行動について思う事。



2007年の読売新聞の一面に、異常行動の出現の割合が載っています。
それによると、抗インフルエンザ薬投与時の異常行動の出現率6%。
投与なしの場合11%  としっかり、厚労省が発表しています。

かつ「10代の投与禁止継続」とも・・・  矛盾してますよね。

私自身、二十代の最後に高熱を出し、三十分程「もう駄目だ、俺はもう駄目だ」と大声を出しながら
部屋の中を歩き回り、新婚早々の妻を怖がらせたことがあります。

当時は、インフルエンザの検査キッドも、抗インフルエンザ薬もありませんでした。
解熱後も、咳が出た記憶がありませんでしたので、恐らくインフルエンザではなかったのでしょう。
昔から「熱にうかされる」と言いますよね。

インフルエンザに限らず、高熱時には異常行動はでるものではないでしょうか?

抗インフルエンザ薬がなかった時代は、インフルエンザの患者さんには、「一週間は高熱、
続いて咳がでますよ」、「タオルは別にして、換気を何回もしてね」と説明しましたが、ほとんどが
一家全滅になりました。

診察室に入ってくる患者さんは、本当に重篤感のある様でした。

抗インフルエンザ薬による恩恵は、皆が受けてのではないでしょうか?


295823
1256285 25:756 aki   21

院長のひとりごと

HOME >  インフォメーション  > 院長のひとりごと
  • 院長のひとりごと

    ここでは私が日々体験したことや感じたことなど、診療に関係する以外のことも書いています。
    不定期ですが、随時更新していきますのでよろしくお願いします。

    記事の続きは、記事の見出しか、右の詳細ボタンをクリックしていただくと見ることができます。

院長のひとりごと

※ 記事の続きは、記事の見出しか、右の詳細ボタンをクリックしていただくと見ることができます。
お問い合わせはお電話にて