Menu

院長のひとりごと

Home

2019/05/21  昔の話(年寄りの戯言)  その2



子供達が成人し、自分で「くちすぎ」が出来るようになれば、親としては卒業です。

すなわち、私は、生物学的に言えば、役割を終えてしまっている訳です。
先日、舘ひろし主演の『終わった人』という映画を観ましたが、とても面白かったです。

年寄りが、クドクドと昔の事を書きます。

私は、子供の頃の記憶が曖昧です。
友達に、「お前は諸学校一年生の時に何組で、担任は誰それ。その時三組だった
誰それと三年の組み換えの時に一緒になっただろう」と言ってくれる人がいるのですが
ぼんやりと笑って聞いています。

ただ、部分的に覚えていることがあります。
笑われるかもしれませんが、私が子供の時は、風呂は薪で沸かしていました。
従って、追い炊きも容易でした。

風呂に入っていて、蛇口を捻ったら、死んだ大百足が出て来て吃驚したことがあります。

トイレは、肥溜め式で落ちない様に何時も緊張して跨いだものです。
あの頃は、台風が来るたびに膝上まで水がついて、悲惨な事のなりましたが、皆、あまり
気にしていませんでした。

側溝をめくると、蛆虫がいるような時代でした。
続く。

(エゴノキの写真は、NHKのニュウスザウルスで紹介して頂きました。)

295823
1256285 25:756 aki   21

院長のひとりごと

ここでは私が日々体験したことや感じたことなど、診療に関係する以外のことも書いています。
不定期ですが、随時更新していきますのでよろしくお願いします。

記事の続きは、記事の見出しか、右の詳細ボタンをクリックしていただくと見ることができます。

※ 記事の続きは、記事の見出しか、右の詳細ボタンをクリックしていただくと見ることができます。